個 人 情 報
フリガナ ソケイ ヒサコ
氏名 祖慶 壽子
所属 国際文化学部国際文化学科
国際文化研究科国際文化専攻
役職 教授
ホームページURL
現在所属している学会 日本語教育学会、JALT(全国語学教育学会)、JACET(大学英語教育学会)、日本語学会
学  歴
年月 事項
昭和  年 4月東京外国語大学 英米語学科 入学
昭和54年 3月東京外国語大学 英米語学科 卒業
昭和58年 9月ミシガン大学大学院 修士課程 入学
昭和60年 3月ミシガン大学大学院 修士課程 修了(言語学修士)
平成17年 4月鹿児島大学大学院 人文社会科学研究科 入学(博士課程)
平成20年 3月鹿児島大学大学院 人文社会科学研究科課程 修了
学  位 言語学修士
職  歴
年月 事項
昭和54年 4月経営情報科学研究所入 社(昭和56年1月まで)
昭和56年 7月私塾にて英語教師となる(昭和58年3月まで)
昭和60年 6月国際協力事業団沖縄国際センター日本語非常勤講師(昭和61年12月まで)
昭和61年 4月沖縄大学 英語非常勤講師(昭和63年3月まで)
昭和62年 1月国際協力事業団沖縄国際センター日本語 専任講師(平成10年1月まで)
平成 1年 4月琉球大学短期大学部 英語非常勤講師(平成2年3月まで)
平成10年 2月鹿児島経済大学 書記(国際交流担当、平成12年3月まで)
平成11年 9月教員組織審査(大学設置・学校法人審議会)鹿児島経済大学国際文化学部助教授可
(日本語入門、日本語学特論Ⅰ、日本文化実習Ⅲ、時事英語、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒論演習担当)
平成12年 4月鹿児島国際大学 国際文化学部 助教授(平成19年3月まで) ※平成12年4月鹿児島国際大学に名称変更
(日本語学特論Ⅰ、日本語入門、日本語教授法Ⅰ、日本語演習、日本語教育評価法、日本語教育実習、日本文化実習Ⅲ、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒論演習担当)
平成16年 4月鹿児島国際大学大学院 国際文化研究科 兼任(現在に至る)
(日本語学特論Ⅰ、日本語入門、日本語教授法Ⅰ、日本語演習、日本語教育評価法、日本語教育実習、日本文化実習Ⅲ、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒論演習、時事英語 担当)
平成17年 9月Department of Linguistics & Phonetics , University College London
国外留学(平成18年8月まで)
平成19年 4月鹿児島国際大学 国際文化学部 准教授に職位変更(現在に至る)
平成25年 4月鹿児島国際大学大学院 国際文化研究科 兼任(現在に至る)
大学院担当授業 時事英語、日本語教育特殊講義
学部担当授業  日本語学特論Ⅰ、日本語入門(日本語の世界)、日本語教授法Ⅰ、日本語教授法Ⅱ、日本語演習、日本語教育実習、演習Ⅰ、演習Ⅱ、卒論演習、時事英語、留学生のための日本事情、上級日本語Ⅰ、新入生ゼミⅠ、Ⅱ 
平成27年4月鹿児島国際大学国際文化学部教授に職位変更(現在に至る)
学会及び社会における活動等
年月 事項
昭和63年 4月日本語教育学会会員(現在に至る)
平成 元年11月JALT(全国語学教育学会)会員(現在に至る)
平成 9年 1月JALT(全国語学教育学会)沖縄支部書記(平成9年12月まで)
平成10年 4月LET(外国語教育メディア学会)(旧LLA(語学ラボラトリー学会))(現在に至る)
平成10年 4月JACET(大学英語教育学会)会員(現在に至る)
平成11年 3月アジア研究学会(本部アメリカ合衆国)会員(平成13年まで)
平成11年 4月JALT(全国語学教育学会)鹿児島支部書記(平成13年3月まで)
平成16年 5月日本語学会会員(現在に至る)
平成19年1月鹿児島県の外国人スピーチコンテストに7度審査員として出席、総評も数度担当した。(以前の鹿児島市日中友好協会主催を合わせると8度)
平成12年6月香港大学の学生と担当クラスとの文化交流(自国についての発表及び茶道、その他の文化紹介)を毎年行っている。香港大学の学生は研修のためカピック(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)に滞在。
平成25年12月八幡小学校での日本語支援への協力(日本語教員養成課程の学生が参加)